【実録】フィンカ―発毛実感までの期間を徹底調査

実際にフィンカ―効果が実感できる期間はどのくらいだろうか……疑問に思いませんか?資料を元に、どれくらいかかるのかを徹底調査を行いました。
フィンカ―での治療を検討している人、使い始めたばかりの人は要チェックです!

発毛実感できるまでの期間はどれくらいかかるか?

フィンカ―だけでなく全てのフィナステリド製品に言える事ですが、実際に効果を感じるまで3ヵ月から、最長でも半年ほどの期間を見てください。
髪の毛のライフサイクルを見て頂ければ想像がつくと思います。

休止期:約三か月(毛根が抜け落ちてから生えるまでのお休み期間)
      *初期脱毛:状態が悪い毛髪が脱落し、健康な毛髪が生える準備
発毛開始:1日に約0.4ミリ伸びます。

このように、CMや広告などで1ヵ月で生えたというのは現実的にありえません。

また、心配される初期脱毛は個人差がありますが、最長でも2ヵ月程度で落ち着きます。
*2ヵ月間抜け落ち続ける訳ではありません。

ヘアサイクルから見える薄毛改善

毛髪には個人差はありますが、「ヘアサイクル」があります。
ヘアサイクルは髪の毛の1生の周期を表した流れの事です。
1つの毛根から毛が生えるのも以下のようなサイクルがあります。

個人差は多少ありますが、「退行期」が脱毛が起きる時期⇒「休止期」は毛根のお休み期間(約3か月)⇒それから「発毛期」に入ります。

髪の毛の成長は約0.4ミリ/日で伸びており、毛髪の寿命は3年~6年とされています。

このようにフィンカ―服用から「状態の悪い毛髪」が「退行期」に切り替わり、「休止期」を経て健康は毛髪が「発毛期」に入ります。

この期間が初期脱毛として、どうしても目立ってしまう期間になります。

タイプ別(M字・O字型)の効果時間への期間

薄毛の箇所でM字・O字型で表現されるかもしれません。
M字はオデコの生え際、O字は頭頂部の薄毛になります。

やはり、フィンカ―のM字(オデコの生え際)へは効果が見えるまで期間が長いと言われています。

まずはO字(頭頂部)から薄毛が改善し、早ければ3か月程度で効果が時間できるかと思います。また、M字に関しては、元々オデコが広い方が幾らフィンカ―で治療を続けても生える可能性は無い思ってください。

フィンカ―の最大の効果は成長する前に抜けてしまう事を防止するお薬ですので、元々、無い箇所への発毛効果はありません。

フィンカ―の育毛効果を見逃すな!

フィンカ―の服用を開始し、初期脱毛を経て具体的にどのように効果が実感できるのでしょうか?
おそらく髪にハリやコシが出てきて、抜け毛の本数が減ってくる事ではないでしょうか。

髪を洗っている時に手にまとわりつく毛髪や、落ちてくる髪の毛が顔に触れてくるのを感じていたでしょうが、フィンカ―の効果が実感できる段階では少しずつボリューム感も出てくるので、洗髪や身だしなみを整えるのが楽しくなってくるでしょう!

【フィンカ―使用体験談」実際効果を実感できたタイミングは?!

フィンカ―以外にも薄毛治療薬は多数あります。

同成分の人気の通販(個人輸入)ではフィンペシアがあります。

フィンカ―とフィンペシアの比較を説明しておりますが、成分は同じですが、フィンペシアは1mg/錠に対し、フィンカ―は5mg/錠であることから分割服用前提ならば、コスパが最強というのはご説明したかと思います。

フィンカ―を使用して

実際に使ってみて効果を感じたのは、4ヵ月位からでした。

満足するヘアスタイルに近づけ、洗髪時にも頭髪を気にせず「ガシガシ」洗えるようになったのは、2年近くになったからです。

実際にM字(オデコの生え際)辺りまで実感できたのも、2年近くたってからです。やはり、この部分は時間がかかるようです。

フィンカ―だけでなく、フィナステリド系の薄毛治療は長期間のお薬服用が必要ですね。
費用がかかるので、やはり安価に使用が出来るのでフィンカ―に切り替える方も多いようです。

元々、フィンペシアを使用していました。1mg/錠なので、毎日1錠を寝る前に服用するだけです。

ピルカッター等で分割する必要もないので便利ですが、やはりコストは比較すると高くつきます。

今は、外出時はフィンペシアで日常服用するのはフィンカ―で使い分けています。

薄毛治療薬を使用する場合は、
1箱辺りは数千円ですが、1箱に何錠入っていて、何日分なのか、まずは年間コストを算出するのが良いです。

フィナステリドの後発薬(ジェネリック)は成分・効果は同じですので、フィンカ―のような大手製薬会社製(シプラ社)ならばより安心ですね。

フィンカ―をもう少し詳細に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です