フィンカ―とフィンペシアの比較

AGAだけでなく殆どの男性系の悩みはネット購入可能(個人輸入)です。
医師が処方する殆どのお薬には後発薬(ジェネリック)が存在し、調剤薬局、病院を経由しなければ、非常に安価に購入が出来ます。

その中でお勧めしたいのが「フィンカ―」です。

AGA治療を通販で経験がある方は、恐らく多くの方がフィンペシアを利用されているかもしれません。

フィンカーは詳細はこちらでも

フィンペシアとは

主成分がフィナステリド1mg配合の後発薬です。AGA(男性型脱毛症)の治療に使われるプロペシア(MSD社製造・販売)と同じ成分です。

大手製薬メーカのシプラ(Cipla)社が製造・販売しております。

フィンペシアの効果

髪の毛にはヘアサイクルがあり、抜けては生えるを繰り返しています。ヘアサイクルは退行期、成長期、休止期からなりその中でも成長期が最も長く2~6年です。髪の毛は成長しやがて脱毛し新しい毛に生え変わります。

男性型脱毛症は成人の前頭部、頭頂部またはその両方が薄毛になる状態のことを指します。
遺伝や食生活、生活習慣、男性ホルモン、飲酒、喫煙、ストレスなどが原因となり、ヘアサイクルの成長期が短縮し髪の毛がしっかり育たないため、薄毛が進行していきます。

活性型男性ホルモンのDHTがヘアサイクルを乱すことがわかっており、フィナロイドはDHTの生成を抑えることでヘアサイクルを改善する薬剤です。

このように複数の主成分フィナステリド製品があり、また名称が成分名と似ている事から混乱されるかもしれませんが、全て同じ効能・効果です。

フィンカ―とは

そしてフィンカ―ですが、こちらもフィンペシア同様にシプラ社が製造・販売しております。
先に結論ですが、ファンカーは1回あたりの単価が非常に安い
つまり、コスパが最高の薄毛治療薬です。

この最安値の理由はフィナステリドの含有量の違いです。

・フィンペシア:1mg/錠

・フィンカ―:5mg/錠

フィナステリドの最大摂取量は1mg/日となっていますので、フィンカ―を選択する場合は1/5に分割する必要があります。

こちらのフィンカ―販売ページを参考にすると、200錠/箱ですので、5等分すると1,000回/日分になります。

分割するのは面倒ではありますが、安価にAGA治療をしたい方には一番のお勧めになります。

フィンカ―は分割しても大丈夫?

多くの医薬品において、分割すると期待した効果が得られないと言われる場合があります。

結論を先に言いますと、「分割OK」と「分割NG」の錠剤があります。
フィンカー(フィナステリド)は分割可能な成分です。
以下、参考の錠剤タイプ

タイプ説明
素錠(そじょう)錠剤の表面にコーティングはされていません。
フィルムコーティング錠光で分解され効果がなくなるため表面にコーティングがされています。また、苦味や刺激がある薬、吸湿性が高い薬にも使用される。
糖衣錠同上
腸溶(ちょうよう)錠胃への負担が大きな場合や、胃酸に弱い薬は、腸で溶けるように表面に特殊なコーティングがされています。
口腔内崩壊錠(OD錠)口の中で溶かして服用可能な薬です。
徐放性(じょほうせい)錠薬の成分が徐々に放出されて、長時間の効果が期待できるように設計されている薬です。
割ることによって、薬の成分が徐々に出てくる設計(徐放性と言います)が壊れてしまいます。
期待された効果が得られないばかりでなく、副作用の発現リスクも上がってしまいます。

フィンカ―は特にコーティングもされてもなく、飲食の影響も特に受けないので応用範囲が高いお薬です。

ちなみに、フィナステリドとサプリメントを混ぜ、再度錠剤にした「オリジナルAGA治療薬」を販売しているクリニックもある位です。

AGA(薄毛治療)は一生続きますので、出来る限り経済的に行きたいのでしたらフィンカ―が最安値なのはフィンペシアとフィンカ―の値段を比較してもらえれば一目瞭然です。

手軽さならばフィンペシア1mg/日でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です