「フィンカー」AGA治療のメリット・デメリットを知らないと損する


フィンカーは薄毛の原因の「脱毛」効果があります。
頭皮が見えるくらい薄毛でも実は毛根は生きており、産毛が沢山生えています。つまり、成長する前に抜けてしまっています。

抜け毛を防止すれば、その毛髪は長く太く育っていけるのです、そのフィンカ―の副作用や服用方法、最安値で通販購入(個人輸入)するための通販サイトを紹介しています。

「フィンカー」の通販は危険?!

治療せずに放置してしまうと進行してしまう薄毛AGA。その代中でも最もコスパ最強で再安値で通販出来るプロペシアのジェネリック医薬品「フィンカー」。

有効成分フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)に対し最も有効な「5αリダクターゼ阻害薬」です。
医薬品なので副作用は必ず表記されています。
風邪薬一つでも、実は多くの副作用、医薬成分が記載されています。

「フィンカー」は日本皮膚科学会も効果を認めた

フィンカ―の成分は「フィナステリド」ですが、これは医薬メーカ及び日本皮膚科学会が薄毛治療に効果があるとし、「強く勧められる」と発表しています。

2010年度の日本皮膚科学会が公表した円形脱毛症診療ガイドライン参照。
*「日本皮膚科学会 ガイドライン 2010年2017年
フィンカーと同じ有効成分フィナステリドを含有したプロペシアが5段階評価中の最大値Aの評価を受けています。医薬品の成分の有効性が証明されているためAGA治療薬が数少ない中でプロペシアと同成分である「フィンカー」を信頼するには十分な根拠です。

フィンカーのメリットをまとめると以下のようになります。

  • 発毛への有効性が認められている
  • ジェネリック医薬品の為、価格が抑えられている安い
  • 薄毛の進行への抑止効果に信頼性がある
  • 外用薬と異なり散布の手間や、ヘアースタイルを気にせず利用できる

もちろんデメリットも考えられるので考察しましょう。

「フィンカー」のデメリットとは

やはり、医薬品ですから副作用等のデメリットが考えられますが、まとめると。

  • 効果が出るまでに時間が必要(ゆっくり発毛する)
  • 一生、継続服用の必要があり(服用を止めれば再発)
  • 副作用の心配がある(医薬品ですので一定の副作用の懸念あり)
  • 発毛促進をするわけではない(抜け毛を予防)
  • 献血はしないでください

特に考慮すべき重要な点は、フィンカーは「脱毛阻害薬」であって、「発毛促進剤」ではないということです。

フィンカ―は薄毛原因酵素の働きを阻害

元々、フィンカーの有効成分(フィナステリド)は前立腺がんの治療薬として世に出てきました。

この前立腺がん治療の過程で発見されたのが、脱毛抑制の効果です。
この脱毛予防効果への気づきは、AGA治療における大事な流れであるテストステロンの5α還元酵素によるジヒドロステロンへの変換、アンドロゲン受容体への働きかけという一連の流れを解明する大きな手掛かりとなりました。

フィンカーは5αリダクターゼによるテストステロンの還元を抑える医薬品ですが、症状に改善が見られないAGA治療患者の場合は脱毛の阻害のみだけでは薄毛からの回復には至らない可能性があります。ですから現在はフィンカーで脱毛を抑制しつつ、ミノキシジルを使用した発毛治療を並行して行うスタイルが主流になっています。ですからAGA治療でフィンカーだけを飲んでおけば大丈夫、というわけで決して無いので注意が必要です。また、フィンカーには副作用がいくつかありますのでそれらを考慮する必要があります。

フィンカーの副作用

  • 肝機能障害
  • EDや精子の成分等、性に関する障害
  • ポストフィナステリド症候群
  • 頭痛、胃痛、胃の違和感

一般的にフィンカーの副作用は少ないとされています。

副作用は国内臨床試験時において、1mgのフィナステリドで頭痛、胃の不快感、性欲減退などがおよそ5%程度の被験者に認められました。しかしながら、この副作用が現れた確率は、有効成分の入っていないブラセポ※1で起こった副作用の頻度と同程度です。重大に考慮する必要はありませんが、「医薬品には副作用がある」、そして個人差があるということを理解した上で服用を始めるのは大切です。
※1 ブラセポ:偽薬。有効成分が一切含まれていない薬。比較として被験者に投与される事がある。

特に女性にとって、フィンカーは禁忌となる薬剤になります。家族など同居されている方に女性がいる場合は最新の注意が必要です。

性欲は減退するのか?

副作用として気になるのが「性への副作用」
薄毛ではあるが、将来、勃起不全になるのでは?
フィンカーの有効成分であるフィナステリドが男性ホルモンに影響するとのではという事から、「性欲が減退につながるんどえは?」という声が聞かれれます。ですが、フィナステリドの作用機序を参考に考えると、性欲減退を引き起こす可能性は極めて低いとされます。
臨床試験中に稀ではありますが、射精障害、性欲減退などが挙げられていますが、それが本当にフィンカ―が由来するモノかは明確ではありません

フィナステリドは、基本的にDHTの生産を抑制する働きをするものであり、性欲に関するテストステロンの生産は低下させることはありません。

フィンカ―の初期脱毛は必ず起きます。

初期脱毛は薄毛の進行が重度な人ほど初期脱毛に敏感かもしれません。
ですが、フィンカ―の発毛効果が高い人ほど、初期脱毛が起きやすいと言われています。
この症状は初期脱毛という現象で、具体的に抜ける毛は、個人差がありますが1日に50本~200本です。
日頃の自然な脱毛と比べても、通常の方でも多い日で100本抜けることもあり、50本~200本というのはとても多いわけではありません。

この初期脱毛は、フィンカーの服用から2ヶ月を過ぎたころに収束します。
*新コロナにおけるホームワークの今ならば気づかれない薄毛治療の好機では無いでしょうか。

初期脱毛は「抜ける予定」の悪い状態の毛髪が抜け落ちている状態です。
これは副作用というよりは、「効果」が出ている状態です。
効果がなければ初期脱毛は発生しませんので、焦らずに継続してフィンカーを服用し、初期脱毛の時期を乗り越えて下さい。

フィンカーが頻繁にAGA治療者に使われる理由してください