フィンカーが世界中のAGAで選ばれる理由 3選【徹底解説】

フィンカーというのはAGA(男性型脱毛症)に効果的なフィナステリド成分のお薬です。国内メーカーから海外メーカーの同成分の製品が多数ありますが、その中でも海外大手メーカーのシプラ社の安価なジェネリックがフィンカーなのです。

フィンカーがAGA治療者に選ばれる理由

フィンカーが多くのAGA治療者に使われている理由は特に次の3点が理由に挙げられます。

  • フィンカーはコストパフォーマンスが最強だから
  • フィンカーは正規ジェネリック医薬品だから
  • 世界中に使用者からの実績を確認できるから
フィンカ―詳細はこちら
フィンカ―購入・詳細はこちらから

このフィンカーはコストパフォーマンス最強なのは、1錠あたりの有効成分量が多く含まれているからです。
通常のフィナステリド製剤は1錠1㎎となっていますが、このフィンカーは5倍の1錠5mgとなっています。強い効果があるとして1日5㎎を服用される服用方法もありますが、一般的にはフィンカーは約5等分に分割して服用します。
お薬の価格は1錠あたりの単価となっているのが一般的ですので、1錠1㎎と1錠5㎎の単価にはあまり違いはありません。
ですので、分割して服用できるフィンカーがコスパが最強なのをご理解いただけるでは無いでしょうか。
ちなみに通常5㎎は「前立腺肥大症・前立腺癌に対し高用量(5mg/day)で主に使用されれます。」

フィンカーはプロスカージェネリック医薬品のため価格が抑えられており手軽に購入できるのが購入を後押しし、多くの人がAGA治療で使われるのはこれが理由なんです。

また、AGA治療で多くの人がフィンカーを選ぶのは、効果が出たAGA患者の男性の多くが頻繁にSNSで効果を実感したと拡散しているからです。ただ、半年の間継続して利用しない人には効果が出ないので。しかし一方でフィンカーをしっかりと服用し続けた人は頭部の髪は高くなるので、もっぱら使用しSNSや知人に拡散するのです。

実際にフィンカーを服用した経験(継続中)

私はフィンカーFincar5mgを使っています。不規則な生活とストレス過多より、薄毛が進行しているのが気がしますが十分にフィンカーの効果が出てると思います。又ひとたび服用をやめてしまうとすぐに抜け毛の増加も実感できます。このフィンカーの購入はオンライン通販(個人輸入代行)で買いました。

副作用に関しては個人によって異なります。特に辛いとされる副作用は服用開始の時の初期脱毛の抜け毛なようです。この初期脱毛は一時的に猛烈に抜け毛が増えることがあります。この初期脱毛は長い人でも1ヶ月程度のようですが、私は初めの初期脱毛は少なく、最近では抜け毛自体が格段に減ったので継続的にフィンカーを購入しています。因みに他の軽微な頭痛や倦怠感などの副作用は、長い期間の服用を経ると副作用の効果がが現れづらいように感じました。しかしながら副作用には危険も多いので購入するサイトなどでしっかりと副作用を確認しましょう。私が利用しているところは2年ほどになるますがフィンカーFincar5mgはいつも通りすぐに届きます。

実は私がフィンカーの副作用を感じたのは、亜鉛・鉄がタンパク質が不足しているのではないかと思っています。もしくはフィンカーの5分割がうまく言ってなかったとか。基本的に有効成分のフィナステリドが起こす副作用や症状はは気にしないほうが良いです。気にするとストレスになり毛根に良くないです。倦怠感が出たら気のせいで乗り切りましょう。

ミノキシジルとの併用もはじめました

私は最近(最近と言っても半年以上前)、フィンカーの1錠を5等分とプラスしてミノタブ(ミノキシジル5mg)と併用してます。フィンカーには発毛効果が無いからでう。理由はミノキシジルは発毛効果があり、この2つを使うと髪がフサフサになると聞いたからです。しかし初めの2ケ月は、目に見えて毛量回復とはなりませんでしたが半年も経つと毛にハリが出てきて毛量が増えたように感じてます。特に副作用は有りませんでした。ですので発毛効果についても十分に満足で、巷で有名人が使用して髪が増えたと聞いたので納得でした。たくさん、男性型脱毛症にはうぶ毛が生える程度でミノキシジルタブレットと併用しています。

フィンカーを購入するときに気をつけること

私のフィンカーを服用した結果、効果が現れた点がたくさんあり、とても薬にとても感謝してます。日頃からフィンカーに出会えたことに感謝しており、これからも末長くフィンカーを服用していきたいと思っています。ただ、個人輸入には登録がメールアドレスの登録が必要なサイトが多いので私はメールアドレスの登録がいらないサイトで購入しています。

購入に際して副作用をよく気にされる方が多いようですが、個人輸入代行で買った医薬品は医薬品副作用被害救済制度が使えないらいしのですが、Fincar内服程度尾副作用では医薬品副作用被害救済制度の対象になる事はないのです。
そもそも、Fincarが危険薬品ならば、既に輸入禁止薬に指定されているはずですし、1992年に同成分が開発され多くの人が輸入してしています。

まとめ

フィンカーは、元は前立腺肥大の治療薬であるプロスカーの後発薬です。有効成分のフィナステリドを含有しておりAGAの治療薬として活用されています。プロペシアなどのAGA治療薬に比べると含有量が多くそのまま服用すると副作用が激しく現れる可能性が高いです。服用には最新の注意が必要です。個人輸入が基本のため偽造品などのリスクも伴っていますので、よく検討してから購入しましょう。ただ購入すると決めたらすぐに買えるので非常に便利です。